カテゴリー別アーカイブ: 社労士

コンサルティング業務は経験を積んで転職へ

社会保険労務士の仕事は、保険関係などの書類を作成したり、コンサルティング業務をこなしたりと、オフィスワークをしていく中で重要な位置を担っています。
人事や総務などと言った部署にて働いている人、とイメージしたらわかりやすいのではないでしょうか。その仕事柄、転職にも割と有利な資格であると言えるでしょう。なぜならば、社会保険労務士、いわゆる社労士という職業は、いろいろな企業、会社で必要となる業務を担っているので、事務的要素として需要は多いにあるのです。あってもなくても良い仕事ということではなく、人事業務や書類管理など、事務職には絶対に必要なスキルを持った人と言う位置づけでいられるからです。

ひとつの会社に就職したとしても、そこの職場が自分に合わないということがあります。人間関係だったり、会社の体質だったり、なにかしら合わないという部分があるかもしれません。でも、社会保険労務士の資格を持っていれば、転職して他の企業で働くということも十分に可能ですので、有利だと言えるでしょう。

コンサルティング業務の内容としては、相談を受けたり指導したりという内容が入ってきますので、人間関係を円滑にしていったり、コミュニケーション能力や説明能力が必要となってきます。書類整理のみではない、スキルが求められてきますので少し難しいかもしれません。そういった意味でも徐々に経験を積んできて転職という形も、大いにメリットになるでしょう。
社会保険労務士になろう!通信講座比較ガイド