転職するときの面接成功法

今まで勤めていた会社を辞めなくてはいけなくなってしまい、転職先を探しているとき、なんだか惨めな気持ちになってしまうという人はけっこうたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

転職先を探しているという事実が、なんだか駄目なことのように感じてしまい、ずっとひとつの会社で働いていくのが理想だったのに、と思ってしまう方も多いかもしれません。
しかし転職するということは、働いていた会社での経験があったということになり、それは貴重な実務経験として蓄積されます。あまりに数多く転職を繰り返していると、一つの職場で腰を落としてしっかりと仕事をすることができない人なのではないだろうかと疑問に思われてしまうこともありますが、ある程度の職場経験がある人は、そこで磨いたスキルと経験があるから、新人のように一から教え込まなくてもよいだろうな、というふうに考えてもらうことができます。ですので、転職の面接の際に、マイナスになることはなく、自信を持って、こういったスキルを持っている、今までこういったことを任されてきました、と言う風に胸を張って言うことができます。

転職すること、前の会社を辞めてしまったことをマイナスに捉えていたり、うまくいかなかった過去と言う認識でとらえていたりすると、面接の中でも自然とそういったマイナス要素が現れてしまいます。そういったことを悟られないためにも、今までの経験を大事に考え、生かせる部分はたくさん生かして、貴社に貢献していきたいという姿勢を見せることが合格のポイントの一つとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>