転職することのメリット・デメリット

転職をするということに対して、あなたはどのようなイメージを持っているでしょうか。良いイメージでしょうか。それとも、あまりよくないイメージでしょうか。
あまりにいろいろな会社を転々としていると、どこに行ってもすぐにやめてしまう人なのではないかと思われてしまう可能性が大きくなってしまいます。特に面接時などでは、どうして以前の会社を辞めてしまったのですか?などという質問をされることになるでしょう。どうしてかと言うと、その人を雇用したとしても、理由によってはすぐに辞めてしまうかもしれないと懸念されるからです。

しかしながら、一つの会社しか知らなかったら、井の中の蛙となってしまい、そこしか世界を知らないということにもなります。いわば、凝り固まった体質になり、自分の勤めてきた会社こそが世界の中心で、やっていることが正しいことだという固定観念を取り去ることができないのです。一日の大半を会社で過ごし、それを5年、10年と積み上げるわけですから、やはり考え方も凝り固まってしまうところがあるでしょう。

いくつか転職をして、いろいろな職場の体質や方針などを知っているということは、柔軟性があり、各々の会社に合わせて働いていくことができるスキルがあるとも言えるでしょう。職種によっては、下請け会社や協力関係である会社で働いたことがあったりした場合、より細やかな視点から仕事ができるので、採用されやすくなるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>