女性と男性の転職について

性別によって、転職率や転職に対する考え方は、開きがあるのでしょうか。女性と男性でどれくらいまで違うのかと言ったことについて、考えたことがありますか。人それぞれ、と言ってしまえばそれまでですが、いくらか傾向はあるのではないでしょうか。

男性は一般的に、家庭を支えていかなくてはならない大黒柱のような存在となります。なので、やはり家計のお金は旦那さんが稼いでくる、そして女性は子育てに徹する、と言う考え方があります。よって、男性は転職を重ねるのではなく、一つの会社に身を置いて、役職を積み、安定した給料を稼いでくるということが大事なこととなってきます。あまりに職を転々としていますと、次の会社にも入れてもらえなくなる恐れもありますから、吟味して考え、しっかりと経験を積んでおくことが大事です。転職をするにしても、今までのスキルを生かして新たな分野にチャレンジするとか、家庭を支えるためにステップアップしたいなど、前向きな理由が大切となります。

一方、女性の場合は結婚して嫁ぐことで住まいを変えたり、妊娠したら今までのように働けなくなるなど、ライフスタイルで働き方は大きく変わってきます。男性と違って、妊娠することによって身体の変化があり、今までと同じようには働けないという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そこで転職を考えたり、会社を辞めるという選択を余儀なくされる人も多いです。男性よりも女性の方が転職を余儀なくされるタイミングが多く訪れるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>