法律関係の仕事から行政書士へ

転職をして行政書士と言う職業に就いた、と言う方はどれくらいいらっしゃいますでしょうか。行政書士と言う仕事は、資格を取るのも難しいですし、難易度の高いお仕事だという印象が強いのではないでしょうか。
始めから行政書士になるよりも、何か法律関係の仕事をしていて、その上で行政書士と言うお仕事に興味が出てきて資格を取り、転職する、という方もたくさんいらっしゃることでしょう。その方が仕事がしやすかったり、資格が取りやすい、飲み込みやすいという利点もあるかもしれません。
転職の例として、不動産会社やファイナンシャルプランナーなどといったお仕事で働いていく上で行政書士と言う仕事の重要性や魅力を感じ、資格を取って転職したという例があります。不動産会社で働く際も、登記についてなど、細かい法律について知っておかなくてはならない事項もたくさんあり、働いていくうちに、もっと法律について詳しくなりたい、やりがいをもって仕事をしたいという気持ちになられる方もたくさんいらっしゃることでしょう。自分がステップアップするため、スキルアップするための前向きな転職となるでしょう。
転職のために行政書士の資格を取ることは並大抵のことではなく、何度も試験を受けて不合格になってしまっているという人も多いですので、日々の努力が必要となってきます。仕事をしながら独学で勉強していくことも大変なことではありますが、資格をとれたときの喜びはひとしおになることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>